バレンタインとは?

バレンタインデー、または聖バレンタインデーは2月14日に世界各地で男女が愛を誓う日とされています。

ドキドキしたり、キュンキュンしたり…♪

女の子にとって、お誕生日やクリスマスよりも
好きな人のことを考えて、悩んでしまうのが
バレンタインですよね。

すでに両想いで付き合っているなら
チョコレートやプレゼント、
彼はどういうのを喜んでくれるかな?
予算はどうしよう?とか。
考えるのも楽しくなっちゃいますよね。

でも、それがまだ想いを伝えていない相手なら、
と~っても悩みますよね。

伝えて失敗したらどうしよう?とか、
片思いのままの今の方が幸せかも…?とか、
チョコレート捨てられたらどうしよう?とか、
何もしないでいると、他の人が告白してとられちゃう(T_T)とか、

とてもキュンキュンするけど、怖い日でもあるのが
バレンタインですよね。

でも、そもそもバレンタインの由来とかってご存知ですか?

いや、ほとんどの人が知らずにこのイベントに
参加されているかと思います(・_・;)

そこで、このページではバレンタインの由来などをご紹介したします。

バレンタインの由来は?

3世紀のローマ帝国で、戦う気力が落ちることを懸念し、兵士の結婚は禁じられていました。しかし、キリスト教司祭だったバレンチノ(※英語読みでバレンタイン)は恋に落ちた兵士と娘たちをひそかに結婚させたが、捕らえられ、処刑されました。その後バレンチノ司祭は聖人と認められ、処刑された2月14日を愛の記念日となりました。

バレンタインってとっても歴史があり、重~い由来があったんですね。
現代の日本では、そこまで深い意味を理解せずに好きな人にチョコレートを贈る日というこ事になってますね。

日本のバレンタイン

日本では女性から男性へチョコレートを贈るという習慣になっています。
戦前の1936年、日本で最初にバンレンタインデーの広告を出したのがモロゾフだそうです。結構歴史があるんですね~。

その後百貨店が「恋人に贈り物をする日」として宣伝をしましたが、定着するほどではありませんでした。

戦後1958年、メリーチョコレートが新宿の伊勢丹で「バレンタインは女性から男性へチョコレートを贈りましょう」というキャンペーンを行い、これが女性から男性へという日本独自の習慣の起源になりました。

百貨店で買い物をするのは圧倒的に女性だったことから、「女性から」という事になったそうです。

世界のバレンタイン

日本のバレンタインは女性から好きな男性へチョコレートを贈りますが、世界各国はどうなのでしょうか?

<アメリカ>
愛を確かめ合うという他に、日ごろの感謝を伝える日でもあるようです。
日本のようにチョコレートではなく、「花」は絶対に重要なアイテム。女性の職場に花束が届いたり、花束がハート型だったり、ぬいぐるみが付いていたりするようです。

<イギリス>
イギリスでは「告白」というのではなく、「愛し合う者同士の日」ということです。素敵なレストランを予約し、プレゼントは花束を渡すというのが一般的。日頃の気持ちをカードで伝えるのも定番。

<韓国>
韓国は日本の影響なのか、女性から男性にチョコレートを贈ったり、義理チョコなどほとんど日本と変わりません。