敬老の日って何歳から?

敬老の日って、みなさん何歳からお祝いしているのでしょう?

老人福祉法では老人の日に該当する老人は65歳以上と定められていますし、「高齢者」は65歳以上の方に当てはまるので、一般的に敬老の日は65歳以上の人をお祝いすると考えてもいいのかもしれません。

でも、50代でも孫がいて、「おじいちゃん、おばあちゃん」と呼ばれ慣れている人もいれば、65歳以上でも現役バリバリに働いてて敬老の日なんて関係ない!という方たちもたくさんいらっしゃるでしょう。

敬老の日の祝日というのは、長い年月にわたり社会のために働いてきた老人の方たちに感謝し、長寿を祝う日ですね。

でも、一般的にはほとんどの人が孫がおじいちゃん、おばあちゃんに感謝を伝える日という人が多いように思います。
私も実際そうでした。

敬老の日は何歳からお祝いするのかは人それぞれだけど「孫」がきっかけの人が多いようですね。