敬老の日のエピソード集

敬老の日はおじいちゃん、おばあちゃんに感謝、お祝いをする日ですね。

その敬老の日の思い出、嬉しい思い出、少し悲しい思い出、
いろいろあると思います。

そんなエピソードをいくつか集めました。

敬老の日エピソード①

私は23歳の社会人です。働いてお給料ももらっているので
奮発して祖母に素敵な財布を敬老の日にプレゼントしました。

祖母はとても喜んでくれて、お礼に何か食べにいこうと言ってくれました。

その食事代は祖母におごってもらうのも孝行かと思い、遠慮なくごちそうになりましたが、
そのあと、街をふたりでぶらぶらと…。

結局、素敵なワンピースを買ってもらうことになりました。
挙句にお小遣いももらいました。^_^;

祖母にプレゼントした額より、してもらった額の方が大きくなってしまいました。

孫の日じゃないよ、おばあちゃん。
ありがとう…。

祖母も私もとってもハッピーに感じた敬老の日でした。

敬老の日エピソード②

母が2年前に亡くなり、それから父がひとりで暮らしています。
新幹線を利用して3時間ほどかけて、久しぶりに敬老の日に5歳の娘を連れて里帰りしました。

娘がおじいちゃんの絵を描いてあげると言って、持っていったクレヨンで一生懸命描いてプレゼントしました。
絵を描いてあげようねと、事前に娘とは打ち合わせ済でしたが…。

普段なかなか会えない孫に書いてもらった絵をプレゼントされて、父は涙ぐんでいました。

電話をしても亡くなった母と違って娘とうまくお話もできない父、もっと娘と合いたいと意思表示もできない父。

涙ぐんでいる父を見て、娘が「なんで泣いてるの?」とキョトンとしていました。

ちょっと交通費もかかるけど、もっと里帰りして父に会いに来ようと思いました。

敬老の日エピソード③

私は小さい頃、よく近くに住んでいる祖母に遊んでもらっていました。祖母はとても活動的で、電車に乗って遊園地にもよく連れて行ってくれました。

でも、そんな私も中学生になった頃から祖母と話すのも面倒になったり、出掛けたりもしなくなりました。何か買ってくれても嬉しい顔もしていなかったと思います。
典型的な反抗期の態度ってやつです。

そして今は大学生になり、反抗期な気持ちもなくなりバイト代で敬老の日の
プレゼントを買って祖母の家に遊びに行きました。
安いお花と二人で食べるお饅頭です。

祖母は少し涙ぐんで喜んでくれました。
それから一緒にお饅頭を食べながら昔の写真を見ました。

おばあちゃん、昔の写真と比べてやっぱり年とったね…。

これからもちょくちょく遊びに来るよといったら、
また、私とふたりで遊園地に行きたいって。

まだまだ足腰が丈夫だから、いっぱい遊びに出掛けよう。
小さい頃はおばあちゃんが連れて行ってくれたけど、
今度は私が連れて行ってあげるからね。